© Ashton Consulting Limited

  • Twitter - White Circle
  • LinkedIn - White Circle
会社概要
日本語

会社概要

PRとIRのリーディングカンパニー 

アシュトン・コンサルティングは、東京を拠点に活動するPRとIRのコンサルティング企業です。日本企業の世界展開、外資系企業の日本での事業展開の支援を得意とし、顧客企業のアジアをはじめとする世界主要市場へのアプローチを後押しします。

 

コミュニケーションの根本である言語を巧みに操るコンサルタントは、全員が北米、欧州、日本を舞台に、金融・投資銀行、メディア、消費材、政策分析などの各分野で活躍した経歴を持ち合わせています。

 

御社のコミュニケーション・パートナー

スタートアップ企業から世界展開をする大手企業まで、国内外の大小様々な顧客企業に対して、グローバル規模のコミュニケーションに関する課題の解決を支援してきました。

 

アシュトン・コンサルティングには、英国、北米、アイルランド、オセアニア、中国、そして日本と世界各国の出身者が集まっています。

 

アシュトン・コンサルティングは、2014年12月に株式会社博報堂のグループ企業となりました。

日本パブリックリレーションズ協会会員。

グローバルネットワーク

事業展開において、Think globally act locallyとは良く言われることですが、これはコミュニケーションに関しても同様です。現地の文化的背景、ビジネス慣習、言語を深く理解していなければ、正しいメッセージを伝えることはできません。

 

アシュトン・コンサルティングはグローバルに展開する複数の海外パートナーとのネットワークを生かして、グローバル市場へのメッセージ発信のお手伝いをしています。対象国は50カ国以上、対象言語は20カ国語以上に及び、現地を深く理解した海外パートナーと共に、世界各国で最大の効果を上げるためのコミュニケーションを実現しています。

経営陣

ダン・アンダーウッド
CEO

ジャーナリズムとコミュニケーション、そしてヘルスケアの分野における豊富な知識と経験を礎に、2002年にアシュトン・コンサルティングの共同出資パートナーとして入社。2018年よりCEOとして社内外の広報やメディア・リレーションズ、M&Aおよびフィナンシャル・コミュニケーション、社内コミュニケーションや危機管理コミュニケーションなどのあらゆる分野に関するアドバイスを内外の主要顧客企業に提供し、当社を統括する。

コミュニケーション活動のプロとして、顧客企業の国内外における事業再編、M&A、行政監査や処分、そして経営陣交代など、さまざまな状況に応じた適切なアドバイスをクライアント企業の経営陣に提供。

アンダーウッドはアシュトンのメディアトレーニングプログラムを統括するほか、国内外の主要メディアと築いた関係を活用し、顧客とメディアとの接触の機会の創出に向け尽力している。

来日に先立つ7年間はフリージャーナリストとして、ニュージーランドとオーストラリアの媒体向けに幅広く執筆活動を行う。ウェリントン・スクール・オブ・ジャーナリズムならびにオタゴ・スクール・オブ・フィジオセラピーを卒業。1998年より日本に拠点を置く。日本語に堪能。日本のロードバイク年齢別トップサイクリスト。

NEXT: お問い合せ